ETCマネジメントサービス株式会社

会社概要

会社概要
本社地図

交通
役員プロフィール

代表取締役CEO:片山 賢治

ごあいさつ。

ETCの民間利用技術に携わり15年以上が経ちました。

ETC技術の第一人者として全国への普及を目指し、ETCを多目的に活用した、くるま生活者への街なかETCサービスを実現して参ります。

どうぞ、これからの弊社にご期待ください。

実績

1986  組込み型プログラム技術者としてメーカーや研究所に従事。移動体通信、日本初カーナビゲーションなどの研究開発を担当

1998 シンガポールでETC導入始まる

2001 日本でETC導入始まる

2004 ETCⅡ(現ETC2.0)の自主研究始める。QPSK6アプリの策定

2008 国土交通省 ETC民間利用構想を公表「ETCは道から街へ

2008 ETC2.0(DSRC)運用技術検討ワーキンググループのメンバー。情報配信機能、情報アップリンク機能の策定に携わる

2010 ドライブメディア株式会社を設立 代表取締役就任

2013 ETC駐車場向けネットワーク型ETCシステムの研究開発/実証実験を実施

2013 NEDO事業:ETCを民間活用したバス発着の応用

2013(内閣閣議決定)「世界最先端IT 国家創造宣言」においてETCの民間利用が明記される

2014 九州大学 大学院システム情報科学研究院 非常勤講師(ETCビッグデータ)

2015 ETC2.0普及促進研究会を自ら設立

2017 ETC2.0普及促進研究会で静岡・名古屋の駐車場においてETC試行運用を実施

2017 全日本駐車協会 研修会講演 寄稿文「これからの駐車場ビジネスにおける技術面での展開」

2018 ETCマネジメントサービス株式会社を設立 代表取締役就任

取締役COO:森 克実​
ごあいさつ。

代表者の片山とETCの民間利用に10年以上携わって参りました。

ETCの民間利用は、くるま生活者やロードサイドビジネスに大きなインパクトを与えるものと考えます。

情報通信や、決済業務の知見を活かして、実現へ向けて頑張ります。

実績

元)郵政省
元)KDDI 株式会社
元)株式会社ジェーシービー(JCB)