ETCマネジメントサービス株式会社

ETC2.0データを活用した国交省との共同研究スタート

当社は、国土交通省と共同研究協定(契約)し、国が保有するETC2.0データを活用することで、新たな民間サービス創出を促し、地域のモビリティの強化を図る実証実験を始めます。

具体的には、国土交通省が蓄積しているETC2.0データ(ビッグデータ)から、ドライバーの個人やプライバシーに関する情報を加工し、当社が指定するエリアの交通実績情報(プローブ)や急ブレーキ多発箇所情報(ヒヤリハット)などを統計処理してから、当社のサーバーへデータが届きます。これは政府オープンデータと言えます。

当社の役割

当社は、十分なデータ保護管理を行い、民間サービス企業と連携して、一般市民や業務ドライバーへ向けた「ETC2.0交通安全情報」として、見やすく加工し、提供する実証実験を進めます。

日本の道路は、どんどん「賢い道路」になりつつあります。当社は民間企業として交通安全に視点を置いたサービスの創出を研究・開発します。

※ETC2.0データの民間活用

ETC2.0車載器には、GPSと加速度センサーが内蔵されており、走行軌跡や急ブレーキなどの情報を蓄積し、国交省の路側アンテナを通じて収集し、ビッグデータ化されています。ドライバー個人の行動が特定されないよう厳重な工夫がされており、安全に民間が活用できる可能性を研究し、実証実験します。

  1. プローブ情報 (交通実績情報:ある道路区間における交通速度や、通過台数を統計処理した時間帯別集計データなど)
  2. ヒヤリハット情報(急ブレーキ、急ハンドルなどの実績情報:ある道路区間における車両の急な挙動を検知した箇所の緯度経度を基に統計処理した時間帯別集計データなど)

当社のアイデア

  • スクールゾーン、ゾーン30などにおける歩行者へのヒヤリハットマップの表示や、音声ガイドによる効果検証
  • 駐車場利用者向けに周辺エリアのヒヤリハットマップの提供による効果検証
  • 駐車場の周辺エリア交通量を分析し、利用者に親切で安全な駐車場運営の効果検証
  • 宅配ドライバー向けに、配送エリアのヒヤリハットマップを提供し、安全運転指導を行う効果検証

今後、当社では効果検証を進めながら、本格的なサービスの創出へ向けて努力を続けます。
みなさまのサービスとの連携で、お役に立てるものがございましたら、ご連絡ください。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です