ETCマネジメントサービス株式会社

国土交通省:ETC2.0データを活用した新たなサービス提案の募集を開始!

「ETC2.0プローブデータ」とは、現在5%ほどの搭載率となったETC2.0車載器が自動収集した走行データを、ETC2.0通信によって国へ情報提供しているPULL情報です。

ETC2.0プローブデータは、

  1. プライバシーに配慮した走行経路情報
  2. 急ブレーキ履歴などの挙動データ

この2つの情報を民間会社でも活用することで、地域の交通に寄与できるアイデア・サービスの募集という事です。

弊社は、これまでETC2.0プローブデータを取り扱ってきましたので、その有益性はよく理解しており、地域交通に大きなメリットがあると考えています。

企業活動においても、公的な道路交通情報を活用することで、出店計画や、建設事後調査などを行うことが簡単になります。これによって、地域の渋滞対策やパークアンドライドなどの公共交通活用にもつなげられます。

弊社は企業さんと共同応募を行っておりますので、ご興味ある方は、弊社にお問い合わせください。

専門家が相談に応じます。

 

■国土交通省 募集資料はこちらからダウンロードできます。

ETC2.0Probe fromMLIT

■出典:国土交通省ホームページ
http://www.mlit.go.jp/road/road_fr4_000065.html

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です